こんにちは。中村勝之介君からバトンをもらいました尾首です。
困った時に手を差し伸べてくれる勝之介にはとても頼りにしていました。こちらこそありがとう!

少し思い出話をします。

4年前、離島から脱出し、高知に辿り着き、陸上部に入ろうと決心したあの日のことを今でも鮮明に覚えています。
特に中長の同期との初対面は忘れようもありません。うるさいのはいるわ、ちっちゃいのはいるわ、顔が濃いのはいるわ...
そんなこんなで楽しい大学陸上生活がスタートしました。

一回生のときは毎日がポイント練のようで、偉大な先輩方にただただ圧倒されていました。

二回生になると頼もしい後輩ができ、一層練習に力が入りました。

三回生のときは10000mのレースに何度もチャレンジしました。あんなに長い時間応援してくださるのと、ラップをとってくれることに申し訳なく思うと同時に、嬉しくて嬉しくて、いくらでも頑張れるような気がしていました。
にも関わらず、目標であった中四駅伝メンバーに入れる絶好のチャンスを掴み損ね、ここでフェードアウトしました。

四回生になってからはほぼ陸上から離れた生活を送ってましたが、中四個人と中四駅伝には立ち会えることができ、みんなの輝いている姿に元気をもらいました。

こうして簡単に思い出を述べましたが、
「人」にも「環境」にも恵まれた4年間でした。

陸上部のみなさんと一緒にいると自分にないものを持っていて、たくさんの憧れを抱きました。

それぞれゴールの場所は違っても、陸上部という一つの枠でみんなと楽しく走ることができて、とても素敵な陸上生活であったと思います。

そして、4年前のあのとき下した決断が、今こうして間違っていなかったと、胸を張って言えることが何より嬉しいです。

ありがとうございました👦🏻。

さて、次はこの方に思いの丈を述べてもらいましょう。ずっと男どもが続いてきたのでここらへんで華を添えたいと思います💐
それでは、飯田よろしく〜〜
2018_01_29


長井君からバトンを頂きました、短距離4回生の中村です。
ご紹介に与りましたように、勝海の隣の研究室で毎日研究しています。
研究では大変なことも多いですが、陸上部の仲間が近くにいてくれると心強いですね(^^)

最後の部員日誌なので、4年間で一番心に残っている2回生のシーズンについて綴ろうと思います。

1回生の途中から入部した僕にとっては、2回生の高知市陸上がデビュー戦でした。
そこでいきなり自己ベストを記録し、幸先の良いスタートを切ることができました。
ただ、その後も順調に自己ベストを更新...とはいきませんでした...

自己ベストで幕を開けたシーズンでしたが、記録が思うように伸びなかったことが何度もありました。
中学から陸上を続けていたものの、怪我や一浪していることもあってほぼ0からのスタートだった僕は、何をするべきなのかも分からずにいました。
ブロックの練習だけでなく、いろんな人の動画を観察しながら自分に合った走りというものを探っていたのですが、状況を打開することはできませんでした。
そんな時、同級生や先輩方から様々なアドバイスを頂けました。
また、アドバイスだけでなく練習を見ていただける機会もあって、自分一人ではどうにも出来なかったことが、少しずつできるようになっていきました。
そういった方々の支えは、自分の技術を向上できるという意味でも有難かったのですが、それ以上に、右も左も分からずにに思い悩んでいる自分に手を差し伸べてもらっているような気がして、精神的にとても助けられました。

そんな協力もあって、シーズン全体では自己ベストを0.3秒更新することができました。
もちろん、世間的に見れば大した記録ではありませんでしたが、それまでできなかったことができるようになったという点では、大きな意味のある記録でした。

残念ながら、それ以降記録を更新することはできていません...
ただ、皆さんの支えに応えるという意味でも、あと少しでも速く走れるようになりたいと思っています!


気づけば卒業まであと2か月ですね...大学生活はあっという間でした。
この4年間で、陸上競技を通して様々なことを学べました。
これも陸上競技部を支えてくださる皆さんの力があってのものだと思います。
本当にありがとうございました。

さて、日誌は次の走者へと繋ぎたいと思います。研究室の縁があって勝海からバトンをもらったので、僕と同じ化学コースである尾首君に渡したいと思います。
実験や課題が多くて大変な化学コースでしたが、亮にはとてもお世話になりました。本当にありがとう。
それじゃよろしく!
2018_01_25


田中君からバトンをいただきました長井です。
けいちゃん、一昨日はご飯誘ってくれてありがとね。

さて、卒業前のこの時期ということで、簡単にこれまでの思い出を書いていこうかと。

1年生のときで一番思い出に残っているのは、四国カルストでの中長合宿ですかね。いろいろあった合宿で、知り合って3、4ヶ月のみんなについてよく知る機会となりました。知らなくていい一面も知ってしまった気もしますが…

2年生のときは、春先に3000mscと5000mで大学ベストを出すことができたまでは良かったのですが、夏ごろに調子を崩し、秋から冬にかけては練習に行かない日が多くなってしまいました。割とドロップアウト寸前までいってしまったのですが、中長ブロックをはじめ、みなさんのおかげで3年生以降も陸上を続けようと思えることができました。当時、支えてくださった方々、ありがとうございました。

3年生にして初めてインカレに出場することができました。緊張もありましたが、走っていて楽しかったのと、何よりも嬉しかったのを覚えています。その調子で道後山のメンバー入りも狙っていたのですが、ベトナム行きにより参加することさえできませんでした。(しかも、次の年もまた行ったという…)

そして、今シーズンですが、とても充実した一年だったと思います。昨年、不本意な結果に終わった四国インカレでは、3000mscで高校以来の11分一桁で走れましたし、ベトナム行きが次の日からでギリギリ出場できた道後山も、高知大学内7番手ということで自分のタイムを参考にしてもらうことができました。それ以外にも中四国インカレや個人、それらだけでなく高知市、県の大会も、ベトナムと重なった春野オープン以外は出場することができました。今シーズン、ここまで多くの大会に出られた中長の4年生は、僕と村田ぐらいじゃないですかね。

こうしてみると、年々、陸上部が好きになっていくという。
それもこれも、みなさんのおかげです。本当に恵まれていた4年間でした。

で、ここまで書いておいてなんですが、あと2年は居続けるつもりですので。
そのための試験も一昨日受けてきましたので。(質疑応答で精神的に疲れました)

というわけで、卒業生のみなさん、4年間ありがとうございました。
4年生以外のみなさん、これからもよろしくお願いします。

そろそろ、次の人にバトンを回します。
研究室が隣の中村君。ほぼ毎日、大学で会います。
では勝之介、次よろしく~

2018_01_22


4回生の田中佳祐です。6月13日生まれです。
本田けいすけも6/13です。
黒川も6/13です。
でも僕の「佳祐」は本田けいすけじゃなくて,サザンオールスターズの桑田佳祐からとられた名前で
生まれつき音楽が大好きです。以前,HYのSong For...とかスキマのボクノートを,自分で歌って自分で泣くくらいです。
音楽の道に進んでほしかった?両親を裏切って小5から陸上競技に乗り換えました。
①自分以外のクラスの子が全員スポーツクラブに所属し始めたから。
②誰にも迷惑をかけないスポーツがよかったから。
ことがきっかけ。そんな僕ですが,誰にも迷惑をかけずにやれているでしょうか。大学生活を含めて23年を振り返る今日この頃です。


えびちゃんと初めて会ったのは,あの大きな木の下だったねぇ。(T_T)
えびちゃんは第一印象が良かった一方,晋平ときたら,僕が一浪と知ったとたん
身を乗り出してきて握手まで求めてきて。あの強烈な印象は今でも鮮明に蘇ります。
黒川も強烈だった!彼のフットワークの軽さは異常!思い立ったが黒川!
逆に,村田は何の印象もなくて、1年のとき話したことあったっけ?
それでも去年は毎日ラインして主務の仕事押し付けたり,今日も一緒にお好み焼き行ったりしてるんだから
4年間ってすごい!(゚д゚)

あぁ主務、、、僕がやらなかったほうがいい部活になってた、絶対。
今の2,3回生ごめんなさい(´・_・`)

でも、今年の幹部はすごい!
深澤の「心技体のうちの技体はブロック長で心は自分が」みたいな話?
めっちゃ好き!
ほなみちゃんは、僕が主務のときから「この子が主務になる」って確信してました。島根だし。
四国合宿もインカレもいつか終わるからね,理不尽が続いたときは我慢しなくていいんだよ(;д;)
川口は、ごめんなさい、僕には計り知れません。(笑)

今の幹部が良い(と,僕は思っているのですが)のは,前幹部が良かったから
誰が何と言おうとよかった。今の3回生は,僕の心の支え。本当に,ありがとう。

最後に、、、
今シーズンは9秒98なんてタイムをみることができました。
メディアでも大きく取り上げられて日本中が感動しました!

でも,もしボルトが9秒98で走ったとき、今回のような感動が起こる??
うん、たぶん起きなくて。。。なんで?!だって同じ「記録」なのに。
きっと
「これまでできなかったことができるようになったとき、人は感動する」
んです。自分のことでも,他人のことでも。

標準記録を突破すること,表彰台に上ることは素晴らしいこと。
少なくとも私にはできなかった。
でも,僕は,3年間走り続けても自己ベストが出せなかった友人が,
最後の県高校総体で自己ベストを出した,あの感動を忘れることができません。

皆さんは何に美徳を感じますか?


今日は長井勝海君がお疲れのようです。何があったんでしょうか??
これまでの思い出も含めて教えてください!(^∇^)
2018_01_20


垣内君から紹介に預かりましたバイクブロックブロック長の元戎です⁈
僕がブロック長だったんですね~ 嬉しい限りです(」*´∇`)」
バイク部は現在4回生4人で活動する高齢化著しいブロックです。今年度で絶滅ですね。

さて、最後の部員日誌シリーズという事でそれっぽい事を書きましょう!4年間色々ありましたね~
せっかくなので1回生から振り返っていきます。長いので読み飛ばしてね 笑

1回生 一浪している事もあって練習ついていけるかとか、馴染めるかとか考えた事もありました。
     でもクラブに行くことが楽しくて、楽しく競技生活を始めることができました。僕らの学年の
     短距離メンバーは当時仲が良くて、よくタコパとかしてたので先輩方からパリピと呼ばれ
     ていました。今ではそう見えませんが、学年が上がると忙しくてそうなるんでしょうね…
      競技の方はと言うと、後半の伸びが欠けていたりピッチが上がらなかったりで11秒5台が
     シーズンベストでした。

2回生 春先から調子が良くて、夏ごろにかけて調子が上がってきた年でした。9月最初の大会では
     11秒3台で大学ベストを更新できましたが、10月頃からは膝のケガで思うように練習できま
     せんでした。そういえばこの年に原付で2回もこけましたね。そのうち1回は結構派手にこけ
     ましたが、ほぼ無傷ですみました。原付きに乗ってる部員は多いと思いますが、事故には
     注意です!!!!! 安全運転を心がけましょうね。

3回生 2回生の11月からは幹部学年として部の運営の中心になりました。僕は会計を任して頂いた
    事でより深く部に関わるようになりました。陸上教室を任してもらったのは良い経験になったな~
     競技の方は、膝のケガから復帰して春先から調子が最高でした。調整合宿のT.Tでは手動
    ですが、10秒台が出ました。そんな矢先に…。4月のリレー練習中にハムの肉離れをしてから
    は、その後のシーズンを通して影響が出てしまいました。結局あったか龍馬の11秒31が大学
    ベストとなってしまいました。

4回生 就活等で練習には参加できませんでしたが、就職試験のためにシャトルランの練習はしてい
    ましたよ。中学生の時は余裕だった100回がしんどくてしんどくて…。本番ではなんとか走り切り
    ました。
    そんな中でも中四国個人で走れたことは良かったです。練習ができていなくても出る事に意味
    があります(/・ω・)/  きっと

そして先日、卒業論文を無事提出しました。
卒業まであと2ヶ月となり、急に高知を離れる事が寂しくなってきました。残りの高知lifeを楽しみましょう。
四国で行き残した所を回るぞー バイクブロックのみんなよろしく!

ただの振り返り記事になってしまいました。でもいいんです、日誌ですから(´・_・`)
そろそろ次の人に回そう。誰がいいかな

 では次は、高知に来て初めて話した陸上部同期の田中君に回しましょう。
実はグランドでたまたま会ったけいちゃんが初めてだったんです。よろしく~~




2018_01_19


01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

高知大学陸上競技部

Author:高知大学陸上競技部
高知大学陸上競技部部員による、リレー形式の日記です!

高知大学陸上競技部公式HP
http://kochiunivtandf.web.fc2.com/index.html
もご覧ください!

検索フォーム

QRコード

QR




page
top